レンタルのリーチフォークリフトやカウンターバランス

業務用として法人ではレンタルでフォークリフトを利用していることが良くありますが、重量のある荷物を運ぶ際には大助かりの車です。
車には日本のツメがついていて、この部分がフォークと呼ばれており、重い荷物をフォーク部分へ乗せて持ち上げ、運ぶことができます。
人間では重くて腰をやってしまいそうな荷物も、フォーク部分に乗せて運べば、軽々と移動ができますので、工場や倉庫では大助かりです。
会社で台数を増やしたり減らしたりする時期がある場合は、購入よりもレンタルする方が多く、調整も借りるほうはしやすくなります。
荷物をフォークで持ち上げて運転をする人材は、フォークマンと呼ばれたりしますが、仕事としてやるのであれば、工場や倉庫の仕事です。
最初から日本企業が開発をした車ではなく、海外の会社が生み出した車であり、その歴史はなんと数百年も前のことになります。
海外ではポピュラーで便利な機器でしたが、あらゆる会社も同じような車をつくるようになり、現在では日本企業でも製造を行っている車です。

もともとはシンプルだったものの、今では豊富な種類が製造されて、活躍の場を広げています。
倉庫でも見かけるもっとも一般的なのはカウンターバランスであり、操作は座ったまま行うことができるタイプです。
フォークは車の前についていますので、運転をしながら操作をするにしても、確認がしやすくなっています。
車の後方にはおもりが乗っていますが、これは前方のフォークにかなり重量のあるものをのせても、車が倒れないための工夫です。
前のフォークには重いものをなんでも乗せられて、後ろ側にはそれを支えるおもり付きなので、バランスを前後で取ることができるので、名称もカウンターバランスと呼びます。
立って乗り操作を行うのはリーチフォークリフトであり、どこかに届くことを意味するリーチの言葉の付いた種類です。
二本のフォークがついていて、車が停止をしたとしても、フォークを荷物のある場所まで伸ばして使用できます。